So-net無料ブログ作成

美ヶ原でパンスターズ彗星初戦 [山・高原の写真]

パンスターズ彗星がそろそろ見えるかも・・・そんな週末、美ヶ原へ行ってました。

162A0024-1-5.jpg
夜通し運転すると、最近はそのまま撮影に入れず眠ってしまい、あっけなく朝に・・・

162A0045-1-5.jpg
夜明けもおっくうに・・・車の窓から^^;

162A0249-1-5.jpg
いきなり雪解けが進んだ美ヶ原・・・でも油断すると足がはまるのでスノーシューつけてます。

162A0356-1-5.jpg
何度訪れても飽きない風景。

162A0521-Edit-1-5.jpg
黄砂とPM2.5の影響が山にも・・・すっきりとした青空になりません。

162A0584-1-5.jpg
蓼科山の頭がちょっとだけw

162A0672-1-5.jpg
こびとさん

162A0196-1-5.jpg
さて・・・要塞へ

162A0702-1-6.jpg
夕暮れにパンスターズ彗星狙いましたが、この日はまったく見つけられず。
それにものすごい風で辛抱も聞かず、あっさり諦めたのでした。

162A0902-1-5.jpg
いちおう星も・・・意外と明るくて玉砕!

パンスターズ彗星初戦は敗退だったのでした。

平成25年3月9日のこと。


マウントアダプターLA-EA2のシェイクダウ~ン♪・・・② [日記・雑感・お知らせ]

たまに行く浦和のリス園ではシャッターチャンスを逃してばかりで、まともな写真が撮れたことありませんが、寒い季節なら、もしかしたら動きがゆっくりかな・・・と期待してリス園へ。

DSC07150-Edit-1-5.jpg
期待とは裏腹にこの日はぽかぽか陽気。係員さんによると前日は寒くてリスが出てこなかったけど、今日は暖かいのでとても元気ですよ~とのこと。

DSC07415-1.jpg
浦和のリスとは正反対の人懐っこさ・・・とうか、この男性だけが対象だったもよう。女子リスか??

DSC07426-Edit-Edit-1-2.jpg
狙ってる、狙ってる^^;

DSC07431-1.jpg
他のリスに夢中になってるうちに背中に乗られてしまいました。男性はまったく気付いていません。
このあと肩まで登ったところでご対面。おどろく男性としたり顔のリス!
あまりに微笑ましいショットが撮れたので男性に写真メールで送りましょうかと申し出ましたが、あっさり断られてしまった^^;
良い写真なんだけどなぁ・・・ということで公開しません。

DSC07256-1-5.jpg
苦手な動き物だけど、やはり楽しいリス撮り。
また、遊ぼうね~♪


タグ:動物 東京都

マウントアダプターLA-EA2のシェイクダウ~ン♪・・・① [日記・雑感・お知らせ]

NEX6をもっと活用させようとマウントアダプター(LA-EA2)を購入したので、お試し撮影で井の頭公園に行ってきました。
楽しく撮影始まり・・・と書きたいところですが、カメラがレンズをなかなか認識してくれない。
実は購入した晩も認識しなくて、交換してもらおうと思い、翌日会社に持って行って再確認したところ、すんなりフォーカスが利いた。。気のせいかなと交換しないでの井の頭公園だったのです。
せっかくの休日撮影が台無しになるのは困る!いろいろといじっていたら、すこしレンズをねじるようにして持つと認識することがわかったので、ひとまずこの日は本体とレンズを気持ちひねるようにしながら撮影しましたよw

DSC06946-Edit-1-5.jpg
真冬の公園は花もなく、何を撮ったらいいものやら・・・まず、噴水など。

 

DSC07065-Edit-1-5.jpg
落ちてるお財布発見!係員さんに届けようと近づいたらカラスがすごい勢いで飛んできて、二羽で激しい取り合い。。連写したかったけど、特殊な撮り方してるので設定まごつき残念なことに。
このあと通りかかったお掃除の方が拾ってくれました。

 

DSC07077-Edit-1-5.jpg
被写体探しに動物園に入ってみました♪ 住宅とぞうが一緒に納まるって不思議じゃない?
この後、リス舎でたくさんリス撮ったのでそれは次回。

 

DSC07721-Edit-1-4.jpg
カメラが思うようにならないので、撮影諦めてカフェへ・・・なんだかなぁ。

 

DSC07784-Edit-1-10.jpg
こぶしのつぼみに春の息吹を感じましたYO~♪

この困ったマウントアダプターは、その後、購入したお店でちゃんと交換してもらいましたよ。
お店でもお店のNEXに装着して不具合確認。
自分の設定間違いだったらどうしようと内心びくびくだったのは内緒ですw

 


タグ:東京都

また山記事・・・編笠山 [山・高原の写真]

気が付けばこのところ週末は山ばかり・・・登った本人はいろいろと制覇した気分だけど、
記事を見てくださってる方は、『また山か?』と思われてたりして^^;
でもそろそろ雪山もオフシーズンになりつつあり・・きっと山登りも落ち着くと思います。多分。

IMG_5081-Edit-1-5.jpg
行ったのは2月の最後の週末。冬季じゃなければ観音平から入山するのでしょうが、冬は道路が閉鎖に
なるので富士見高原スキー場からスタート。

IMG_5104-Edit-1-5.jpg
雪がキラキラ・・・

IMG_5153-Edit-1.jpg
枝や葉に付いた雪がとてもキレイ!ここはそんなに人気無いのかな・・・のんびり静かに登れましたよ。

IMG_5175-1.jpg
なのでトレースはところどころ消えてます。でも目印リボンがたくさんあるので大丈夫。
でも、雪が深いのか、木々が低いのか、匍匐で進む場所もあり^^;

IMG_5207-Edit-1-5.jpg
匍匐中に前や上を見上げると白い枝が美しいったら。

IMG_5220-1.jpg
ズボったり、匍匐したりなのでレンズにも雪が!あわててふぅ~っとすると凍ってしまってさらに慌てます^^;
このもやもやしたのは息で凍った部分。

IMG_5250-1-5.jpg
あらら・・・富士山発見!実は撮影中気付かずだったり。

IMG_5278-1-4.jpg
森林限界超えてからが意外と長かった!ようやく編笠山山頂の目印まで到達。
・・と同時に萌える山頂たちが~!

IMG_5342-Edit-1-5.jpg
この風景がたまりません!
この後、営業してない青年小屋まで行ってみようと思ったけど、トレース無いし、かなり疲れてしまったので
あっさりと降りることに。

IMG_5447-1-5.jpg
見下ろして驚く高度感。岩の矢印無いとどこに降りていいかわかりませんね^^;
登るときはひたすら頂上しかみていませんが、森林限界をどのあたりで抜けてきたか確認しておかないと
道迷いを起こすなとちょい反省。

え~っと・・・このあと2回くらい雪山出掛けてます。同じような写真ばかりですいません(ペコリ)


タグ:登山 山梨県

赤岳鉱泉~硫黄岳③ [山・高原の写真]

夜の星撮りは早めに切り上げたので、0時半頃にはそっと布団に入れて、たくさん眠れると思ったのだけど、
すぐ上には人の頭、なおかつ2段ベットエリアの階段ふもとだったので、トイレに行く人がつけるヘッデンに起こされたり、
髪の毛踏まれたり、斜めの頭の人の枕元においてあるスーパーの袋を通る人が踏むのでガサガサとすごい音。
そんなこんなであまり眠れず・・・朝。

IMG_4668-1-5.jpg
疲れがまったく取れないので硫黄岳諦めて下山しようかと悩みましたが、青空を見たら元気がでてしまいまして・・・

IMG_4676-1-5.jpg
結局、ゼイゼイしながら登ることに。樹林帯は静かだった。

IMG_4739-1-5.jpg
森林限界超えた辺りから想像通りの強風!写真でもわかるかな。。

IMG_4750-1-5.jpg
大好物のシュカブラも良い感じで育ってます。

IMG_4833-1-5.jpg
先月登った(記事は少し前だけどね)西天狗と東天狗、蓼科山も見える。

IMG_4845-Edit-1-5.jpg
念願の山頂!風が強すぎて雪が飛ばされ積もりません。

IMG_4880-1-5.jpg
爆裂火口・・・通称チョコレートブラウニー。確かに似てなくもないw

IMG_4756-Edit-1-5.jpg
あぁ・・そしてこれが憧れの横岳、赤岳、阿弥陀岳。今シーズンはおそらく技術的にも体力的にもムリでしょう。
来シーズンに向けて体鍛えなくては!

今回のデータ
2013.2.16
美濃戸口~赤岳鉱泉 8:00-14:00
赤岳鉱泉~中山展望台 登り50分、下り20分程 × 2

2013.2.17
赤岳鉱泉~硫黄岳~赤岳鉱泉 8:30-10:15-12:00
赤岳鉱泉~美濃戸口 13:00-16:50


タグ:登山 長野

赤岳鉱泉~硫黄岳② [星・夜景の写真]

赤岳鉱泉の夕食・・・下調べではステーキだったのに、この日はホッケ!でも大きくて脂のって美味しかったから満足^^
食事が終わったら、早々にお布団に入って8時半まで仮眠。消灯の9時頃に小屋の外に出ましたよ。

そして夕方下見に行った中山展望台へ・・・

imgc0827.jpg
風もなく穏やかな夜。月も優しい♪

imgc0829.jpg
真っ白な横岳カッコいい!

imgc0826.jpg
阿弥陀岳と冬の星座

imgc0830.jpg
横岳と流れる北斗七星

穏やかといってもおそらく氷点下20度近く。そんなに長居は出来ません。
さくさくと撮って小屋に戻ったのは0時・・・こんばんはゆっくりと寝られそう・・・かな??w


赤岳鉱泉~硫黄岳① [山・高原の写真]

硫黄岳に挑戦してみたい・・・でも、日帰りでは自分のペースだと厳しそう。
・・ということで赤岳鉱泉に泊まってアタックすることにしました。
美濃戸口から赤岳鉱泉は星撮影道具や防寒着を背負うので久しぶりの重量感あるリュック^^;

IMG_4030-Edit-1-5.jpg
スタートは青い空と白い木々で爽やか~!

IMG_4123-1-5.jpg
手には一眼持ってやる気まんまん^^

IMG_4175-1-5.jpg
時々、木々から雪が落ちてきます。

IMG_4273-1-5.jpg
かもしかさんのお尻に萌え♪

IMG_4301-1-5.jpg
冬毛の鹿さんにも会いました^^
しかし、赤岳鉱泉までの道のりの長いこと!超人気エリアということもあるのでしょうが、
山地図にはないショートカットコースがあったりしてかえって悩みます。
あわよくば早く小屋に着いたら、当日に硫黄岳アタックしようと思ったけれど、やはりそんなに簡単にはいかず、
小屋到着は8時に出発したのに、14時!6時間も掛かったということは平均所要時間の倍です。
やはりトロイぞ!自分。

IMG_4454-1-5.jpg
楽しみにしていたアイスキャンディーも疲れすぎてこの一枚だけ^^;

そして驚きの混雑ぶり。おそらく敷布団2枚に3人割り当てくらい。荷物は部屋に持ち込めず廊下に閉め出しです^^;
流石、人気の山エリア・山小屋。

今更、硫黄岳はムリなので中山展望台までお散歩に行きましたよ。
IMG_4520-1-5.jpg 
展望台から見る行者小屋とテント場。赤岳に挑戦するならココに泊まるんだろうなぁ・・・今季トライ出来るかな。

IMG_4544-Edit-1-5.jpg
横岳?雲が多いものの素晴らしい眺めでした。もっとゆっくりしていたかったけど、
寒いのと夕食の時間もあるので急いで小屋に戻りました。

imgc0841.jpg
荷物重いんだな・・・

・・・つづく。


タグ:登山 長野県